学会誌 『生態心理学研究』
投稿規定について

Vol.1 No.1
2004年発行

特集:日本生態心理学会第一回大会発表論文
[在庫なし]
目次
Vol.2 No.1
2005年発行

目次
Vol.3 No.1
2008年発行

特集:Robert E. Shaw 教授来日講演

目次

Vol.4 No.1
2009年発行

特集:マイクロスリップ

目次
vol.5 No.1
2012年発行

特集:Willam Mace教授来日公演
目次
vol.6 No.1
2013年発行

特集1:ギブソン66を読む
特集2::生態心理学とリハビリテーションの融合
目次

Vol.7 No.1
2014年発行

小特集1:リアリズムの源流
小特集2:ギブソン没後35周年(2014年)記念
目次
vol.8 No.1
2015年発行

小特集:エンカウンターというアイディア
目次
vol.9 No.1
2016年発行

小特集:インフォメーションのリアル
日本生態心理学会第6回研究大会 予稿
目次
既刊のオンライン公開について

 『生態心理学研究』に掲載の研究論文については今後、J−STAGEによるオンライン公開を順次進める予定です。公開開始時期は2018年度を予定しています。
Vol.7 No.1の訂正個所とお詫び

『生態心理学研究』Vol. 7の編集後記、ならびに、送付時の送り状において、生態心理学会の設立年の記載に誤りがございました。以下のようにご訂正下さいますようお願い申し上げます。ご指摘いただいた会員の方にはお礼を申し上げるとともに、間違いがございましたことを深くお詫び申し上げます。

編集後記
3行目
訂正前「また2017年は生態心理学会設立15周年です」
訂正後「また2015年は・・・」

送り状
3段落目
訂正前「生態心理学会の設立は2002年に遡ります・・・2017年は学会設立15周年に当たります」
訂正後「生態心理学会の設立は2000年に遡ります・・・2015年は・・・」
Vol.3 No.1訂正版について

『生態心理学研究』Vol.3に掲載の研究論文、『他者から手渡された物体を受け取る動作の選択』 (著者:柴田寛・行場次朗)について、編集作業上の手違いから著者によって論文最終稿でなされた複数箇所の内容修正が反映されていませんでした。
 今回、それらの箇所について受理された原稿に則して訂正が施された訂正版を刊行いたしました。無料にて訂正版との交換を行いますので、旧い版をお持ちの方はお手数ですが事務局までご連絡ください。

日本生態心理学会では学会誌『生態心理学研究』を発行しております。
バックナンバーは一部2000円にて、非会員の方にも頒布しております。
ご希望の方は事務局までご連絡ください。